カジノは、時代とともに大きく変化してきた。かつては、直接わざわざカジノに行かなければ、ギャンブルゲームを遊べなかったが、今では、オンラインで簡単にプレイすることができる。遊び方だけではなく、カジノは様々な形で進化してきた。この記事で注目するのは、カジノのディーラーの服装も変化しているという点だ。ここ5~10年で、ディーラーの服装は劇的に変わってきている。では、どのように変化してきたのだろうか?時代を経て変わった点と、変わっていない点は何だろうか?その解答が気になる方は、続きをご覧あれ。

従来のドレスコード

まずそもそも、伝統的なディーラーの服装が不要になったのはご存知だろうか?これは、これまでのディーラーのように身だしなみを気にする必要がないことを意味する。実際、魅力的でエレガントな服装であれば、ドレスダウンしてもかまわないのだ。もちろん、イブニングドレスやスーツのコートを身にまとったディーラーを見かけることもあるだろう。というのも、カジノのディーラーの務めとして、清潔な見た目も重要であることを心に留めておかなければならないからだ。プロフェッショナルなスタイルで接客すれば、その分チップも多くもらえるだろう。

バイザー

かつてディーラーは、常にバイザー(ひさし)のある帽子を着用しているのが当たり前だった。バイザーを着用する目的は、ディーラーの目を安全に保つためであった。なぜなら、バイザーは眼精疲労の軽減に役立つと考えられていたからだ。19世紀のカジノのディーラーは、バイザーの着用を強制されていたという。しかし現在では、この習慣は世界的に見てもかなり少なくなっている。

蝶ネクタイ

1856年に「Casino de Monte Carlo(カジノ・ド・モンテカルロ)」がオープンして以来、ディーラーは蝶ネクタイを着用するようになったようだ。かつては蝶ネクタイをするのが一般的で、今もなお、蝶ネクタイをしているディーラーは多い。蝶ネクタイは、普通のネクタイにはないユニークな印象を与えるため、ディーラーが身につけるのにふさわしいと考えられている。ほとんどの実店舗型カジノでは、蝶ネクタイはディーラーの制服の一部となっている。当然ながら、この服装のルールはカジノによって異なる。なので、Agen Sbobetやラスベガスストリップのカジノで、蝶ネクタイではなくネクタイを身に着けているディーラーを見ても、決して驚かないように。

女性ディーラーの服装

女性ディーラーの服装は、ほとんど変わっていない。スラックス、カラーシャツ、ネクタイ、ベストを着用するのを好む女性ディーラーもいるが、黒のカクテルドレスでドレスアップするのを好む女性ディーラーもいる。そう、完全にその人の好みと、働くカジノのルール次第なのだ。女性ディーラーだからといって、ロングドレスと帽子を着用する義務はない。

エプロン

エプロンは何十年もの間、ディーラーが着用してきたアイテムだ。ポケットはついていないが、プロフェッショナリズムと個性を演出しているエプロンが着用されていた。エプロンにポケットがないのは、盗難防止のためであったとか。現在では、エプロンは時代遅れになりつつあるが、一部のディーラーはまだ着用している。

コインチェンジャー

カジノは、どの時代においても、ギャンブラーやディーラーのためにシステムをより簡単にすることを優先してきた。コインチェンジャーをディーラーに与えたのも、これが理由だ。コインチェンジャーの導入により、ディーラーはテーブルを離れることなく、お釣りの受け渡しをすることができるようになった。

給料

カジノで働くディーラーの給料に関しては、当初とあまり変わっていない。ディーラーは決して高給取りとは考えられていない。そのため、ほとんどのディーラーはさほど生活費に余裕がないため、仕事着に費やせるお金も限られているのだ。